シーズンイベント「ヒミツの魔法ふたたび」から「全通チケット」という新アイテムが実装されました。
20190202-1
全通チケットの基本情報については下記の記事をご覧ください。
新アイテム「全通チケット」が実装されますよ!
(アプリ内>ヘルプ>イベント>イベント共通 でも確認できます)

実際に全通チケットを使ってみての観測や、いただいた情報などをもとに全通チケットについて書いていきたいと思います。


全通チケット1枚にかかる時間や稼げるポイント

全通チケットを使うと1稽古中に10公演が発生します。
20190202-4
旬のあるなし、マチネ・ソワレの中止などのたたき方、公演種類のランダム性、追加公演の発生率などにもよりますので一定ではありませんが旬なしの場合は平均的に以下の予測です。

マチネ ソワレ 千秋楽 追加公演 ポイント 時間
約650006~9
SP1調整 約55000 6~8
中止 SP1調整 約40000 5~6
(全は全て叩くの意味です)

旬なしでの予測ですので、旬があればさらに稼げるポイントは増えます。



管理人の例

今回上位を狙っていたので全通チケットを使っていろいろ記録を取りました。

旬ボーナス2000前後(公演の属性により変わります)
旬SR++が3枚、旬R++が2枚という手持ちです(旬SSRはありません…)


まずスタートダッシュはマチネソワレ千秋楽追加公演をすべて中止せずに叩くやり方でプレゼントボックスなどはSRのステータスのスクショを取る以外は確認せずひたすらダイヤを割り続けて走ってみました。

SR獲得(70万Pt) 65分
SSR獲得(115万Pt) 98分
SSR獲得までに全通チケット16枚消化(16枚の途中で獲得)

スタートダッシュでとにかく早くSSRを取りたい場合に必要な全通チケットは旬にもよりますが16~20枚程度かと思われます。
SSR獲得時点では上記で3位でしたので、スタートダッシュされる方は参考にしてください。



ソワレ全クリアはあまりSP効率がよくありませんので、その後ソワレSP1調整、マチネ千秋楽追加公演すべてクリアのやり方で30分走ってみました。

全通チケット5枚消費
獲得ポイント 約37.4万Pt
チケット1枚あたり 7.5万Pt

時給は75万ほど出ていることになります。
旬ボーナスが多めですのでこの数字ですが、旬が少なくても時給60万Ptほどはでると予想されます。
旬をさらに持っていてソワレ含め全叩きの場合は時給90万Pt、シーズンEVなら100万Ptも可能と考えられます。

ラストスパートなどの参考にしてください。



全通チケットの実際の影響

【報酬SSR(115万Pt/11500個)到達まで、最短で80分ほどになった】
1位の方が報酬SSRを取った時間をいくつかのイベントで観測したところ、イベント開始から約80~90分後でした。旬セットボーナスがある分、公演EVよりシーズンEVの方が稼ぎやすいです。
今まではどんなに早くても3時間はかかっていたので約半分になりました。


【同ボーダーのイベントに比べて初日、2日目、最終日前日、最終日の増加量が増え、中日の増加量は減った】
初日2日目のスタートダッシュ、最終2日のラストスパートが激しく、逆に中日はゆっくりめのボーダーとなりました。
元からこのような推移でしたがさらに差が顕著になった形です。
ボーダーはイベントにより高低がありますので比較が難しいのですが、今回からはこのような形でのボーダー推移になっていくものと思われます。
最終日に触れない方などは今まで以上にマージンを取っていく必要があります。


【ラストスパートの時速が上がった】
最終ボーダーが同程度のイベントと比べて、最終2時間の時速が1.2~1.3倍になりました。



全通チケットを使うタイミングとは?

【スタートダッシュでとにかく早く報酬SRやSSRカードを取りたい】
Twitterなどで「とったどー!」とやりたい方向けです。旬がある程度あって全通チケットを20枚近く用意できれば1時間半ほどダイヤを砕き続けると取れます。


【アプリに触れる時間が少ないので触れるときにポイントをたくさん稼ぎたい】
土日など決まった短時間にしかアプリに触ることができない方は触れるときに全通チケットを使いましょう。


【ランカーと呼ばれる上位を目指したい/高ボーダーイベントで上位を目指したい】
1ページ目の20人以内などを目指したい人、または500位ボーダーが1000万Ptを超える高ボーダーのイベントでは全通チケットを使わないと厳しいかもしれません。


【できる限りダイヤ消費を抑えたいのでボーダーぎりぎりをサーフィンしたい】
1万位狙いで9500位前後をキープするなど、ボーダーの少し上を走ることを俗にサーフィンするといいます。
ポイントギリギリなのでダイヤの消費は抑えられますが、一歩間違うとボーダーからはじかれることもあるやり方です。
全通チケットを使ってクリア予定の公演をキープしておき、順位が危なくなったらクリア。次の公演を発生させておき、またキープ。この繰り返しが簡単にできるようになりましたので、ボーダーサーフィンがしやすくなりました。
イベント終了ぎりぎりまでアプリに触ることができる方向けです。
このような場合は最後の最後まで全通チケットを取っておきましょう。



スポンサーリンク